皆様にご安心いただくためのお約束

診療時間

09:00 13:00 / 14:00 18:00

※土曜日診療※休診日 日・祝

0422-38-8641
初診専用WEB予約 メール相談
キービジュアル

世界標準の
精密医療機器

他の先進国に比べて、日本の歯科医療は10年遅れていると言われています。

技術は進歩し、新しい医療機器が次々と世に出ていますが、多くの歯科医院ではそれに追いつくことができずにいるのが現状です。

 

アメリカではほぼ100%導入されている「マイクロスコープ」は、日本での導入率はわずか数%程度と大きな開きが存在しています。

当院ではこれらの精密機器を積極的に導入することで、世界標準の歯科医療を提供できる体制を整えています。

マイクロスコープ

マイクロスコープとは、治療の視野を数十倍に拡大することができる歯科用の顕微鏡です。

主に「根管治療」や「詰め物・被せ物」の治療で使用します。

 

特に根管治療では再発率の高さが問題になっていますが、マイクロスコープを活用することで治療精度の向上と共に、再発率が著しく減少しました。

 

また、マイクロ単位の正確さを求められる詰め物・被せ物の治療においても、精度の高い補綴物(人口の歯)の製作を可能にしています。

 

マイクロスコープを用いた「可視化」治療については、こちらに詳細がありますのでご覧ください。

CT(三次元立体画像撮影装置)

従来のレントゲンでは見えなかった、顎の構造や神経の位置、病巣部位などを立体的に映し出すことができる装置です。診断の精度向上によって、より安全な治療を提供することが可能になりました。CTはインプラント根管治療など、歯科治療に幅広く応用されています。

iTero

iTeroは、最先端の光学口腔スキャナーです。従来は口の中にシリコン材などを入れて歯型を採っていましたが、もう必要ありません。こちらの機器で口腔内をスキャンするだけで、正確かつスピーディーに歯型を採取できます。主に矯正用マウスピースを作製するときに使用します。

厳格なヨーロッパ基準を
満たす「滅菌体制

Miele(ミーレ)のジェットウォッシャー

ドイツのMiele&Cie.KG社製のジェットウォッシャー。

これは、今までの洗浄機や手洗いでは難しかった複雑な構造を持った歯科器具も徹底的に洗浄します。

 

また、血液や唾液といったタンパク質が凝固しない55℃の温水で効果的に洗浄を行い、弱アルカリ性の専用洗浄剤で洗浄を行うので汚染を効果的に落とします。

オートクレーブ滅菌器「Lisa」

メディア社のオートクレーブ滅菌器「Lisa」。厳しいヨーロッパ規格EN13060の最高基準をクリアしたクラスB滅菌器です。固形、中空物、多孔体など、あらゆる形状の被滅菌物に対応しています。

グローブ・器具は患者様ごとに必ず交換しています

衛生管理は医療機関にとって基本中の基本です。
グローブや器具は患者様ごとに必ず交換し、器具は治療開始寸前まで「滅菌パック」で保管することで無菌状態を維持しています。

10〜20年後の
将来を見据えた」治療

「虫歯になったのは、歯磨きをしなかったから」

 

皆様はこのように考えていませんか?

 

意外かもしれませんが、歯が悪くなるのは、「歯磨きを怠ったから」という単純な理由だけではありません。

実は、お口の中は皆様が想像するよりも、はるかにデリケートかつ繊細なバランスによって保たれています。

このバランスが少しでも傾いてしまうと、問題箇所が一時的に改善したように見えたとしても、また再発してしまいます。
そのため、例えば虫歯治療する場合、問題のある箇所のみを治療するのではなく、お口全体のバランス(噛み合わせ・歯周病など)を考えながら、バランスが崩れた「原因」を探り出し、根本的な原因から改善する治療が大切なのです。

つまり、「一口腔単位での治療」という考え方。
これは、「木を見て森を見ず」という治療ではなく、「木を見て」さらに「森も見る」という治療です。

いくら時間をかけて丁寧に治療しても、問題箇所のみに着目した「部分的な治療」を行ってしまうと、お口のバランスが悪くなった「原因」が改善されず、再治療の道をたどることとなってしまいます。

当院では、

「なぜその歯が悪くなったのか」
「根本的な問題はどこにあるのか」

という、「原因」をしっかり調べ、
全体のバランスを考えた治療をします。

口の中はまさに「十人十色」です。年齢、性別、職業、時間的な制約など、人によって置かれている環境が全く異なりますので、同じ症状だとしても、同じ治療になることはありません。

目先の問題点を改善することは、もちろん大切です。

ただそれだけではなく、5年、10年、20年経った後も患者様から感謝される治療をご提案します。

歯科医師・歯科衛生士は
担当制

「担当制」とは、患者様一人ひとりに決まった歯科医師と歯科衛生士が付く制度のことです。

 

通常、複数のスタッフがいる医院では、来院のたびに担当者が変わることが珍しくありません。

そのような状態では患者様の情報をしっかりと共有することが難しく、多くの場合、治療の質が下がります。

 

つまり、患者様の不利益になるということです。

 

当院ではそのようなことを防ぐために、担当制のシステムを採用しました。

あなたのことをよく理解したスタッフが担当するため、患者様は症状や治療の希望を来院のたびに説明する必要がなく、信頼関係も作りやすくなります。

 

医療者側も的確なアドバイスがしやすくなるので、患者様は「自分のためだけの治療」を受けられるようになります。

 

女性ドクター」による
優しい治療

当院には女性ドクターが在籍しています。

お子様女性の患者様によっては「女性の先生がいい!」という声もいただきますので、ご予約の際にお伝えいただければ、可能な限り女性ドクターが診療を担当させていただきます。

総合歯科治療の実践

当院には各分野に精通したドクターが在籍し、大学病院に引けを取らない体制で、一人ひとりのニーズに合わせた「患者様目線」での診療にあたっています。

 

各分野に精通した専門家がチーム医療を行うことは患者様にとって非常にメリットがあります。

 

なぜならば、いくら優秀でも、すべての歯科治療に対し完璧に対応できるドクターは存在しないためです。 そうであるならば、各分野のスペシャリストが集まり、チームで対応する方が間違いなくクオリティーの高い治療を行うことが可能となります。

 

また、チーム医療を行うことにより、一方向からの視点ではなく、複合的な視点から診査診断を行い、より精度の高い治療が可能になります。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

0422-38-8641

このページの先頭に戻る